ゼロから学べる格闘技クラヴマガの比較WEBサイト

三角の画像

TOP > クラヴマガとは > クラヴマガは戦闘能力を鍛えるための格闘術

クラヴマガは戦闘能力を鍛えるための格闘術

日本にはいろいろな武術があります。
柔道はオリンピック種目にもなっていて、点数は日本語でイッポンなどと表現されています。
テコンドーは韓国の武術であることが知られています。
世界においてはいろいろな武術が存在しています。
クラヴマガは、イスラエルの武術として知られています。
他の武術は比較的歴史がありますが、こちらはできてからまだ1世紀も経っていない新しい武術とされています。
イスラエルが軍を組織するとき、戦闘能力を高めるために考え出された格闘術とされています。
ですから、スポーツの一つではありながら、一つ間違えると相手にけがをさせることもある危険な格闘術と言えるでしょう。
その分、護身術などとして身に着けておくと、いざとなったときには自分の身を守ることができます。
他の武術にはない技術を知ることができます。



クラヴマガは特にルールや勝ち負けがない

日本の柔道の場合、技が決まると、有効、技あり、一本があります。
元々はどんなルールがあったのかはわかりませんが、国際的なスポーツになるにつれてどんどん整備されたのでしょう。
技ありを一定数取れば一本と同じになるなどのルールがあります。
もちろん勝ち負けもあります。
イスラエルで生まれたクラヴマガと呼ばれる格闘技は、特にルールが決められていません。
そして勝ち負けなどもありません。
柔道のように国際的な大会などで行われることがないからかもしれません。
ルールがないので、何をしても良いと言えます。
ただ、基本的な考え方などはあります。
ですから、身に着けるときにはその考え方を先に頭に入れておくと良いでしょう。
その後にいろいろな動きなどを教わりますが、考え方に基づいて決められているので、自然に覚えることができます。



クラヴマガは自然に自分を守れる護身術

柔道の経験がある人は、倒されたときなどに自然に受け身をすることができます。
ただ倒れると体全体にダメージが行きますが、手で地面をたたくことによって衝撃を分散させることができます。
やったことがないと、自然に手が地面をたたくことはないでしょう。
クラヴマガは、今女性に人気の格闘タイプのスポーツとして注目されています。
なぜ女性にいいかは、ダイエットなどに効果があることもありますが、護身術にも使えることでしょう。
護身術にはいろいろありますが、せっかく学んでいてもいざとなったときに出てこなければ意味がありません。
この格闘技の場合、柔道の受け身のように自然に技が出るようになっています。
ですから、急に襲われて守らないといけないとき、とっさに取ることができる動きがそのまま技になっています。
最初は繰り返す必要がありますが、そのうち自然にできるようになります。

次の記事へ

カテゴリー