ゼロから学べる格闘技クラヴマガの比較WEBサイト

三角の画像

TOP > クラヴマガとは > どんなトレーナーがいるの?オススメしたいクラヴマガのインストラクター

どんなトレーナーがいるの?オススメしたいクラヴマガのインストラクター

クラヴマガとは、イスラエルで考案されたシンプルで合理的な近接格闘術です。この有用性はよく知られていて、現在でも警察や軍関係者はクラヴマガによる戦闘訓練を行い、殺人術も心得ています。そして一般人の間ではエクササイズや護身術として、殺人術を除いたクラヴマガが教えられています。
クラヴマガは、柔道や空手のようにルールの確立された競技ではなく、むしろ実生活で起こりうる場面においてどう身を守るかということに特化した術です。クラヴマガの基本理念は、脅威を排除すること、怪我を防止すること、防御から攻撃への素早い転換を行うこと、反射神経を使うこと、ダメージを受けやすい部分を狙うこと、近くにある道具や物体を利用することです。これにより、戦闘に勝利することを目指します。クラヴマガでは、基本的に自分が不利な状況にいるところから、相手の一撃目を防ぎ、二撃目を予防し、主導権を奪って制圧するという流れを重視しています。また、クラヴマガにも空手のようにベルトの色の制度があります。
イエローなどが初級で、一番上はブラック、次がブルーです。レベルが上がるにつれてやることの難易度も上がります。色の認定は、実技テストによって行われます。

一般人がクラヴマガを行うなら、クラヴマガ専門のジムに行けばできます。
しかし、この時にインストラクターが優秀でなければ、技術の習得がしにくくなり、エクササイズとしても楽しめません。先ほど述べたように、クラヴマガにもベルトカラーの制度があります。護身術としてクラヴマガを習いたいのであれば、インストラクターはブルーかブラックの方にするべきです。ブルーやブラックのベルトを持つインストラクターは、海上保安庁や海上自衛隊などの職に就いていたり、キックボクシングや柔道といった格闘技をやっているような方々です。
つまり、実戦や訓練経験を持ち、護身術を教わるには最適です。

オススメのインストラクターは、クラヴマガ・ジャパンやクラヴマガ・ワールドワイドという組織が公式認定したインストラクターです。
それに認定されているインストラクターは、ほとんどがブルーベルトやブラックベルトを持っていて、さらに教えることに優れています。また、クラヴマガのような戦闘術を持っている人は男性しかいないように思えますが、女性もクラヴマガを習得している人はいます。クラヴマガを習いたい女性は、女性のインストラクターから習うのもいいでしょう。

次の記事へ

カテゴリー